Exciting BMXRacing & Action Photography JAPAN    

 
Copyright ©2004-2017 AkabaneVisionFilmWeb All Rights Reserved. 
ホイールベース短縮作戦決行せよ!!
先週の木曜日(1月13日)の晩に、新しい、MADE IN USA PROサイズ(TOP20.5)アルミBMXレーサーフレームの「Alliant」を受け取りました。16日(日)のJOSF緑山2005オープニングレースに参戦すべく、翌金曜日に速攻で組み上げ、夜にゴリラ公園で、シエイクダウンを済ませ、翌土曜の昼にも日曜のレースに備え、雨天にかかわらずテスト走行しました。帰宅後PCを開いたらJOSFより、コースコンデション不良のため日曜のレースは中止とのメールが目に飛び込んできました...。
運転手のAKIRAは、高校受験のため、3月まで、BMX活動休止...。

それではと、組み上げた「Alliant」をじっくりとモデファイすることにました。
そこで本日のメニューは、 「ホイールベース短縮化 SuperSlim Racing風味」で御座いま〜す。

もちろん続きを読む
# by akabanevisionfilm | 2005-01-20 12:02 | BIKE制作、 整備 | Trackback | Comments(0)
靴の履き替え
b0065730_1755241.jpg

愛車プレ号のホイールを替えてみました。ノーマルの16インチ純正スチールから
2インチUPの18インチアルミホイールに履き替えました。この時期にホイール&タイヤを履き替えるというと、冬用のスタッドレスタイヤを想像されるかもしれませんが、夏用のタイヤです。
スキーやスノボーなどのウインタースポーツに縁の無い我が家に、スタッドレスタイヤなど無用の長物です。
東京には、めったに無い積雪の時には、基本的に車に乗りませんから...。
b0065730_1894988.jpg
 
社外品のホイールに替える時は、自分の車に適合するサイズを選ぶのは当然ですが、
意外と知られていないのが、ハブリングの存在です。これは、社外品のホイールはセンター部の穴(センターキャップの着く部分)の内径が、いろんなメーカーの車のハブ外径に適合させるために、センター穴の内径寸法を大きく設定しています。このため、4〜5本のホイールナットで締め付けただけではホイール取り付け時の芯が出ないので、例えホイールバランスをキッチリ取ってあっても、
走行時に タイヤが微妙に上下動するような微振動がハンドルに伝わります
ハブリングとは、車軸のハブにかぶせるスペーサーのような物でして、ホイールのセンター穴と車軸のハブ部分の隙間を少なくしてホイール取り付け時の芯が出るようにした部品です。
私の車も社外品のホイールを装着した時にわざと、ハブリングを装着せずに(ただ、ハブリングを買うのを忘れただけか...。)2日間ほど運転しましたら、やはり純正ホイール時には無い微振動を60〜80Km/hからハンドルに感じました。
早速、某オー○バッ○スで、愛車に適合するハブリングを購入し、4輪共に取り付けて運転したところ、例の微振動がうそのように収まりました。このハブリングは、左右2個1セットで、実売価格1600円位ですが効果絶大です。
ただし、自動車メーカーの純正スチールホイールやオプションのアルミホイールは、
ハブ外径にセンター穴の内径を合わせている専用品なのでハブリングは必要ありません。




b0065730_18563279.jpg

# by akabanevisionfilm | 2005-01-16 19:13 | 2輪・4輪の話題 | Trackback | Comments(0)
白と黒
b0065730_15331610.jpg

AKIRAの新しいBMXフレームが、USAから届きました。黒い方のヤツです。
白い方のフレームは、日本に上陸してから約4年、実質レースに使用したのが2年ですが、素材がアルミの割には頑丈に出来ているので、まだ乗れるのですが、この度、現役引退となりました。この白いヤツは、SuperSlimRACINGのBMXミュージアムに展示されることになってますが、作者のわがままで、作者の町乗り用になるかもしれません。
この白いヤツと新しい黒いヤツは、同じ6000番のアルミで造られています。
どちらも、USA製で、台湾製量産フレームとは違う安心感があります。
実際、数年前に白い方を組み上げる時に、確かな工作精度と塗装皮膜の厚さに感心したことを記憶しています。
よく見るとこの二つ、フレームのシルエットがそっくりです。特にチエーンステーのあたりがそっくりですが、全体的には白い方が、パイプが太く見た目の剛性感があります。
b0065730_1691757.jpg

我がSuperSlimRACINGの熟練メカニックが、1時間ほどで組上げました。
やはり、黒い方もさすがMade IN USAです。なんのフイッテング上の問題無く、さっと組上がりました。
さあ、試乗といきましょうか!!。

ODA様、大変お世話になりました。
# by akabanevisionfilm | 2005-01-14 16:22 | BIKE制作、 整備 | Trackback(1) | Comments(1)
タイムスリップ


管理人Y:「タイムスリップの準備ができましたよ。」
作者:「ああ、例の装置がやっとできたのね。」
Y:「しっ!、声が大きいですよ!!。この装置はまだ、極秘なんですから...。」
作者;「そ、そうだったね、まだ秘密だったね。」
作者:「秘密といやあ、このあいだ緑山で、例の[Mikn]ってやつのテストをMASA君にしてもらたら、どこから情報を仕入れたのか知らないがMASAじゃなかった、NASAって所から、是非[Mikan]の構造を教えてくれってメールが来たよ。」
Y:「NASAって、アメリカの航空宇宙局ですか?。」
作者:「そうそう、なんでも宇宙飛行士の訓練に使いたいとか...。」
作者:「でも、なんで、あのデバイスのことを知ってるのかな〜?。」
Y:「まさか[Mikan]のことをブログに書いたんじゃないでしょうね?。」
作者「え!、あ、...、それより早くこのタイムマシーンを試してみようよ。」
Y:「じゃ、まずそこのキーボードでタイムスリップしたい年代を打ち込んで、それと行きたい場所を入力して下さい。」
作者:「そんじゃ、とりあえず、1994年11月川口ゴリラ公園と...。」
Y:「入力し終わったら、そこのGOボタンを押して下さい。」

b0065730_0505929.jpg

作者:「おお、いたいた、ちょっとそこのボク〜!、幼児用自転車のドロヨケ外してタイヤを16インチの(コンペ3)もどきに替えて走ってる君だよ〜。」
少年A:「な〜に?、おじさん。」
作者:「ここへはよく来るの?。」
少年A:「うん!自転車に乗るのは好きだし、このあいだここでね、ボク初めてBMXのレースを見たんだ!!かっこ良かったな〜。」
作者:「そうか、それで、その自転車をBMXコース用に改造してもらったんだね。でも、その自転車じゃ重たいから、BMXレースをやりたいのなら本格的なジュニアレーサーを買ってもらたほうがいいよ。」
少年A:「...」
作者:「よし、おじさんが、お父さんに言ってあげるよ。」


Y:「どうでした?時間の旅は。」
作者:「まあまあだな、今度は、さっきの数日後に行ってくるよ。どうしても確認したいことがあってな....」
Y:「いいですけど、歴史に干渉していけませんよ。」
作者:「分かってるよ!!。」

b0065730_1224566.jpg

作者:「坊や、レーサーを買ってもらたんだね。」
少年A:「あ、こないだのおじちゃん!。どう?これかっこいいでしょ!!。」
作者:「おお、GTのクロモリか〜基本だな〜。」
少年A:「今度ね、これでレースに出るんだよ。」
作者:「そうか!がんばれよ!!。これから先、ケガしたり、苦しいこともあるだろうけど、やめずにがんばるんだよ...。そうすれば、楽しい出会いや遠征旅行...。」
少年A:「おじさん、なんで泣いてんの?。」
作者:「 いや、楽しいこともたくさんあるが、財布は軽くなるなと...。
# by akabanevisionfilm | 2005-01-12 01:56 | タイムマシーン | Trackback | Comments(0)
NEWアイテム 「Mikan」
今日は、2005年度、最初のコース開放日とあって緑山スタジオでは、たくさんのBMX&MTBライダー達が、来週のオープニングレースに向けて練習走行を重ねていました...。

       続きを読む
# by akabanevisionfilm | 2005-01-09 20:33 | 赤羽笑劇場 | Trackback | Comments(1)
今日は仕事始め
いや〜参りました...。
今日、私は仕事始めでした。職場で、新年お約束の社長様の挨拶〜朝礼〜ラジオ体操〜仕事開始という
流れだったのですが、事件はそのラジオ体操の時に起きたのでした。
年末29日の仕事納めの日の職場大掃除前に、やはりラジオ体操をしたのですが、その時は前屈姿勢で
指先が、しっかりと床にタッチ出来たのですが、今日は正月休みでだらしなく出っ張った腹が邪魔で、
いくらガンバッテみても床に指先が届きませんでした...。
そう、 「事件は自宅ではなく、現場で起きていた」のでした!!。
で、私の正月休みを振り返ってみますと、
29日→仕事納め職場大掃除〜納会で 飲酒活動
30日→トレイルに行く予定が前日の雪で中止。仕方なく自宅自分の部屋掃除&自宅前雪かき。
大晦日→大雪で、ふてくされて、朝から 飲酒活動。夜は、TVのリモコン握りしめて格闘技観戦。
元旦→お雑煮& 飲酒活動しながら、PS2ドライビング趣味レーター「グランツーリスモ4」で、
私の元ホームコースであった筑波サーキットを激走。
2日→「GT4」での 飲酒運転にそろそろ飽きたので、今度は戦闘アクションアドベンチャーゲームの
メタル ギア ソリッド3」を上下迷彩のパジャマに着替え、ほふく前進の姿勢でプレイ。
3日→泥んこのFLトレイルでMASA達と楽しそうに走っているAKIRAを見てるだけ。
4日→ODA様深川様達とゴリラ公園の監視。と、まあこれじゃ、腹も出るわな...。

私が勤めているのは、印刷工場です。今日1日は、印刷機のメンテに追われました。
今年もしっかりと稼いでもらうため機械のメンテナンスは欠かせません。
BMXは印刷機ほど、精密ではありませんが、やはり日頃のメンテは、必要です。
皆様もレースやトレイルライドの前後にBMXを磨くと思いますがその時にウェス等で、フレーム、ホイール、各部を磨きながら一緒にフレームのクラックや、スポークが折れてないかとか、スポークの張り具合、リムの振れ、チエーンの張りなども点検しましょう。



b0065730_22242732.jpg

BMXのパーツで特にダメージを受けやすいのが前後のホーイルです。
リアホイールは、駆動輪でもあるためフロントホイールよりもリムの振れが出やすいです。
(ジャンプでゲシッテばかりじゃ当たり前ですが...。)リアホーイルのリムの横振れは、
ブレーキシューとリムのクリアランスを見て、簡単な振れ取りが出来ますが、
フロントホイールのリムの振れは、どうやって見る?。

「奥さん!!実は、とっておきのいい方法があるんですよ!!。」(某、みのもん○風)
  「奥さん!!いいから、この写真を見て、見て!!。」

b0065730_22251328.jpg

「どうです?タイラップを常にフロントフオークに巻き付けておいて、走行時には邪魔にならない位置にずらしておいて、振れを見る時は写真のようにリムに軽く擦るようにセットすれば、横振れが見れるというわけなんですね〜どうです?奥さん!!。」

これは、実際にAKIRAのレースBIKEにやってましたが我ながら良いアイデアでした。
# by akabanevisionfilm | 2005-01-06 00:16 | BIKE制作、 整備 | Trackback | Comments(0)
2005年走り初め
         お正月も3日目ですと、お雑煮も、お酒にも飽きてきたので、
         今日は、FLトレイルに走りぞめに行きました。
  左から、リョウスケ(MASAのBMXをメンテ中)、MASA、AKIRA、TAKA、コウヘイ
b0065730_1882313.jpg


             コースコンデションは、写真のとおり、でした... 。
↓タイヤが筋トレするのには、ちょうど良い太さに...。         この方は、そんな事はまるでおかまいなし。↓
b0065730_18193261.jpg           b0065730_18201467.jpg
b0065730_18402232.jpg

   やはり、トレイルは、地面が乾いてる時のほうが楽しめるのは間違いないでしょう。
家に帰ってからのBMXのメンテが大変でした...。
# by akabanevisionfilm | 2005-01-03 18:50 | トレイル&パーク | Trackback | Comments(0)
2005年スタート!!

新年あけましておめでとうございます!!
b0065730_14302277.jpg


いよいよ、新しい年のスタートです。
今年も微力ながら、当サイトはBMX教の布教活動にがんばって行こうと思います。
これからも AkabaneVisionFILM Webをよろしくお願いいたします。
それでは皆様ご一緒に、

    I LOVE BMX !!
b0065730_1692630.jpg

# by akabanevisionfilm | 2005-01-01 00:00 | 世間一般 トピックス | Trackback | Comments(3)
2006年スタート!!
b0065730_17122590.jpgいよいよ新しい年のスタートです!!

       続きを読む
# by akabanevisionfilm | 2005-01-01 00:00 | 世間一般 トピックス | Trackback | Comments(0)
ゆく年、くる年
b0065730_14405473.jpg


あ〜あ、仕事納めだった昨日、東京に初雪が、降っちゃいました。
年末の近場トレイル巡りの計画も雪と一緒に解けてしまいました...。
ここ数年、年末年始の楽しみは、各トレイルで、出会う人達との交流です。
今までいろんなトレイルで、AKIRAがお世話になったローカルのお兄さん達に
今の成長をみてもらうのも楽しみです。
年末年始の休みで家に居るのは、大晦日と元旦くらいのもので、あとは、トレイルに出動です。

今年の正月2日は、凄かったです。なにしろ、ヘブンズトレイルでFトレイルローカルの皆さんと
極寒のなかキャンプ泊を決行したのですから。
いや〜そりゃもう、楽しかったですよ。(って、冬の山を甘くみてはいけません。ヘタすると普通に凍死しますから...。)
昼間はマックや、アービーズのセクションをお腹いっぱい堪能し、夜は、近くの温泉に浸かり身体を暖めた後、
Fトレイルローカル「おおはし」様の美味しい料理を頂きながらキャンプファイヤーを囲んでの
楽しい語らいの時間、飲酒活動...。本当に最高でした。

世間に目を向けると今年は、内外共に暗いニュースが非常に多かったですが
来年こそは、良い年であることを心より願っています。
それでは、 I LOVE BMXの皆様、良いお年を!!。AkabaneVisionFILM Web

b0065730_14284722.jpg

↑トレイルではヘルメットやプロテクターを装着してケガしないように楽しみましょう!!。
      お正月は、お医者様もお休みですよ。
# by akabanevisionfilm | 2004-12-30 15:22 | トレイル&パーク | Trackback | Comments(0)
とれいる日和
              ↓  野津田トレイルローカル「九島 勇気」君(小5)
b0065730_20332985.jpg

今日は、野津田トレイルに初めて、お邪魔しました。今日の朝は、霜が降りるほど寒かったのですが、
トレイルには、集った多数のちびっ子ライダーや、お父さん、お母さん達の熱気が、立ちこめていました。
b0065730_2050843.jpgトレイルの規模は、やや小さめですが、バームもあり周回する事ができますし、なによりも初心者にも、やさしいレイアウトであることに好感がもてました。
実際、多数のちびっ子ライダー達が、暗くなるまでトレイルを楽しみ尽くしてました。でも、中、上級者ライダーには、物足りない?
いえいえ、実は、 激ヤバのラインも隠されていたのですが、あまりのヤバさに、ここでは紹介出来ません...。

b0065730_2042451.jpg ←そして、お父さん、お母さんたちは、お約束の飲酒活動で楽しみました。今日の集いの第一の目的は、トレイル愛好家の忘年会だったのです。





↓「九島 賛汰」君(中一)九島家長男の(サンタ)君は、
                   次男「勇気」君同様、MTBもこなす。
b0065730_9562819.jpg



今日は、本当に沢山のライダーがこのトレイルに集結しました。その中に先日の緑山ファイナルレースで、「お騒がせ」の大物、あの「世界のマサ」君も元気に乗ってました。
来春、高校受験のAKIRAも受験生の身分をわきまえ、地味〜に乗ってました。
そして誰よりも、ローカルの「賛汰」君「勇気」君両名の走りは、今日一番きわだってカッコ良かったです。
なお、このトレイルの様子はMovieのページのSpecial Movie9 で動画が御覧になれます。
# by akabanevisionfilm | 2004-12-26 21:20 | トレイル&パーク | Trackback | Comments(0)
今年も、あと僅か...。
いよいよ、年末で世間が、せわしなくなってまいりました。
なにかと、交通渋滞や、事故が起きやすいのもこの時期の特徴です。
運転する皆さん、こういう時にこそ、焦らずゆったりと無事故運転に心がけましょう。
さて、今日は、世間では、クリスマスイブということでサンタさんが、コンビニのアルバイトをしてたり、ピザの配達をしたり、駐車場誘導員までやってたりします。
しかし、今日の話は、それとはなんの脈絡も無く我が家のトランスポーターの「プレサージュ号」の話です。去年の9月に購入して1年3か月2万Kmと、BMXレースの遠征につき合ってくれた愛車をいたわるために先日、行きつけのカーショップでAT/F(オートマチックトランスミッションフルード)を交換しました。
下の写真が、その作業現場です。
b0065730_21245993.jpg

年末だからでしょうか?担当メカニックさん達は、せわしなく、動いていました。
(あの〜、すいません、タイヤは替えなくてもいいですから...。)
今のプレサージュ号に替える前に7万Km乗った「ノア号」は、一度もAT/Fを替えなかったためか、
シフトショックとか、変速ムラの症状が、出てきました。やはり、AT/Fは定期的に替えた方が良さそうです。
我がプレサージュ号は今回初めてのAT/F交換でしたが、おもいきって、ショップで扱っているなかで
一番グレードの高いレーシグATフルードに交換しました。
さすがにレーシンググレードだけあって費用もそれなりにかかりましたが、交換後に運転してみて、それが、正解だとすぐ解りました。フルードの粘度が、高いためか、トルコンスリップが減ったような感じで、発進加速が良くなりました。もっとも、最近のAT車は、発進してすぐ、ロックアップするため、トルコンの滑りは、感じにくいのですが、あと、トルコンの役割は、クラッチ作用だけでなく、トルクを増大させるという、重要な役割があるのですが、こちらの方に作用しているのかもしれません。
ただし、このAT/F交換は、走行5万Km位を超えた車が初めて行うと、かえって不調をきたす場合があるので、注意が必要です。やはり、新車のうちから、定期的に行うのがよいでしょう。
以上、元自動車整備士(国家検定2級取得)の作者でした。

↓ショップでは、お姉様達が、やさしく応対してくれました。
b0065730_2227578.jpg

# by akabanevisionfilm | 2004-12-24 22:26 | 2輪・4輪の話題 | Trackback | Comments(0)
SpecialMovie vol8 
12月11日(土)JBA(上越バイシクル協会)主催忘年会  PHOTO by  RITABMX
b0065730_0515352.jpg

12月11日のJBA主催の忘年会において、毎年恒例のJBAポイントランキング上位ライダーの表彰式が行われました。
今年の表彰式は新しい試みとして、JBAポイントランキング3位までのライダーを大画面のスクリーンで、
映像と共に紹介、表彰されました。その映像を制作したのが、AkabaneVisionFILMです。
作者の私も、この忘年会に参加したかったのですが、仕事の都合で夢叶わず、この映像制作に魂を込めたのです。
制作依頼のメールを受けてから、忘年会当日までの時間も僅かでしたが、「管理人Y」の協力のもと、短時間で仕上げることができました。
後日、忘年会参加者に感想を伺ったところなかなかの手応えを感じとることができ嬉しく思います。

2004年度のJBAポイントランキング1位は沖田夏也君(TEAM BIKE LOOP)でした。
彼は、JBA戦は、もちろんのこと、JBMXF戦、JOSF緑山戦でも
常にアグレッシップな走りで、幾多の勝利をもぎとっている、将来期待のライダーです。
作者も彼のファンの一人として、そして、JBAランキング堂々1位のご褒美として、彼のプロモーションビデオを制作しました。この映像は、Movie のページのMovie vol8で観ることができます。
当、AkabaneVisionFILMとしても、個人のプロモーションビデオの制作は、初めての事です。
過去にTBS系TV番組「筋肉番付」の三輪車レースに出演したBMXエリートライダーの
「寺前選手」のプロモビデオをTV局に提供したことがありますが...。
これからのAkabaneVisionFILMの方向性を見極める事にも有意義であり、楽しく制作できました。


                       ↓ 真ん中が沖田夏也君 (TEAM BIKE LOOP)
来年も彼の走りは注目ですぞ!!。
b0065730_1541569.jpg

*当サイトのMovieページのサーバー容量を大幅に拡大しました。
今まで容量不足で、やむなく削除していた動画を復活させました。
# by akabanevisionfilm | 2004-12-22 02:15 | Movie | Trackback | Comments(0)
「終わり良ければ全て良し」のはずだったんですが...。
本日は、緑山スタジオでJOSFファイナルレースが、行われました。
朝の気温は低くかったのですが、霜が降りる程ではなくコースコンデションは、まずまずでした。
BMX、MTB合わせてエントリーが、300人オーバーということでした。
オフィシャルの皆さん、お疲れ様でした。
今日のレース、久々にBMX世界戦チャンプの「マサ」の走りが観れると期待していたのですが、
なんと!!、クルーザークラスの予選第1ヒートで転倒してしまい、大事をとって以後の出走はキャンセルしました。
いつものように抜群のスタートテクで、先頭を余裕で走っていたのですが、
第二ストレートのテーブルトップジャンプで、なぜか、前転したようで、かなり大きな音がしました。
身体のダメージが心配されたのですが、幸い打撲程度で済み、本人は痛がってましたが元気でしたので安心しました。
さすが、世界チャンプですね!!。身体の作りが他の人とは、まるで違うようです。

さて、我がS.S Racingの二人は、どうだったかといいますと...。

写真は、14才オーバーAクラス決勝レースの、スタート直前。
1コース25番が、AKIRA選手。 この直後に悲劇が...。               ↓
b0065730_2005899.jpg

2005モデルのNEWジャージ&パンツで、レースに臨んだ高校受験生のAKIRA。
久々のレースでしたが、難無く予選通過し、決勝に期待するものの、スタート直後に
コース上に寝ていたライダーに乗り上げてしまい、2004年度終了...。決勝7位。
なぜ、あんな所に寝ているライダーがいたのかは不明。


  こちらの独走状態のシブケンは、問答無用の予選落ち。お粗末...。
まあ、来年こそは、がんばりましょう!!。(って、去年も同じことを言ってたような...。)                  
b0065730_21104750.jpg

# by akabanevisionfilm | 2004-12-19 21:15 | 2005BMXレース | Trackback | Comments(0)
韓流
↓作者の若い時の写真。(ンなわけね〜よな。)
b0065730_20345228.jpg

今年は、長雨、台風、浅間山噴火、中越地震、など、あってほしくない悪い事が、
沢山ありました。そんなことにおかまいなく芸能、文化面では、「韓流」一色でした。
ヨ○様をはじめとする、韓国TVドラマの俳優の人気の高さには、驚きましたね。
確かに、私と同じ位、いい男ですからね...。(この文章に関するクレームは、一切、受付ません。)
私も、「冬ソナ」を観たことがあるのですが、なんで、このドラマが高人気なのか、理解に苦しみました。
純愛物にありがちな、脚本、演出、カメラワークは、良いとして、まるで、舞台劇のような、役者の大袈裟な演技が目についてしまって、どうも私的には、好きになれませんでした。
また、その部分が、逆に新鮮さを感じさせ、人気なのでしょうか?。
私には、今一なのは、日本の俳優の「押さえた演技」に慣れてしまったせいでしょうか?。
それとも、「隣の家の芝は、青くみえる...」又は、
「隣の人の弁当の方が自分のより、美味く見える...」状態ですかね...。
とりあえず、ヨ○様、BMXに乗ってみない?。私、カメラ廻すよ。
SPECIAL MOVIE「通りすがりの韓人さん」なんちゃって。
(そういえば、韓国にBMXって、存在するのかな?。誰か知ってますか?。)

韓国のキレイな女優さんも人気だそうですが、どのみち、私には、まるで縁が無いので、どうでもいい事ですけど...。
(いや、実は、どこの国でもキレイな女優さんは、好きです。ハイ。)


↓作者も、この頃は、けっこうモテた。(って、まだ言うか!!。)
b0065730_20373748.jpg

↑の2点の、ヨ○様の壁紙が欲しい方は、こちらで、手に入ります。
ヨ○様の公式サイト↓
http://www.yongjoon.jp/
# by akabanevisionfilm | 2004-12-15 11:26 | 世間一般 トピックス | Trackback | Comments(0)
上越ミステリーキャンプツアー
 ↓NEW BIKE?。2004年夏、上越ミステリーキャンプツアーのひとコマ。
b0065730_21325923.jpg
                                
寒いですね〜。時が立つのは早いもので、また、忘年会のシーズンがやってきました。
12月11日に上越で、JBA主催の忘年会が、盛大に行われるのですが、
今年、私は仕事のため行けず、とても残念です。
上越といえば、今年の夏休みに久保田家御一行様とキャンプした事が、楽しい思い出です。
今日は、とても身体が暖まる、夏のお話です。
キャンプした場所は、直江津の海のすぐそばにあるキャンプ場で、
春日野のBMX&MTBショップ「BIKE LOOP」様から、車で10分程で行ける場所でした。
しかし、このキャンプ場、地元の人達は、あまり近よりたがりません。
なぜなら、このキャンプ場は、元、「火葬場跡地」 だったらしいようです。
当然、よからぬ噂があるのですが、私達は気にせず、(少しは気にしたかな)
この「ミステリーキャンプツアー」を楽しみました。
キャンプ場入り口の手前に墓地もあり、いい感じに気分を盛り上げてくれます。
キャンプ場に入る前から、これですから、なかなか、にくい演出です。
キャンプ場に入ると、駐車場から、山の途中にあるキャンプサイトまで、森の中を少し登って行くと、
ありました、有りました。キャンプ場の定番?の池が。
映画「13日の金曜日」で、おなじみの「クリスタルレイク」みたいに、いい味を出してます。
真夏なのに、このキャンプ場なんだかとても涼しいです。って、いうか鳥肌立ってきました。
昼は、金谷山BMXコースと春日野トレイルで乗ってこのキャンプ場に戻って夕食後、バンガローで寝るのですが、
夜中にバンガローの外に、人の気配を感じて起きても、
決して窓から外を伺ってはいけません。これは、基本中の基本ですね。
この基本を守れば、無事に生還できるのです。ハイ。

また来年も是非、行きたいです。ちなみに、このキャンプ場、ガイドブックにも載って無いし、
上越市の観光地案内のチラシにも載ってません。
久保田様は、いったいどうやってこの素晴らしいキャンプ場を見つけたのでしょうか?。

↓キャンプ場で晩餐中のAKIRAと久保田家の次男ナオト君。「おい!!、後ろに...。」
何か見えますか?。くわしくは、Otherのページで、お調べください。
b0065730_2123881.jpg

# by akabanevisionfilm | 2004-12-09 21:55 | 2006遠征 | Trackback | Comments(0)
本邦初公開。
b0065730_21165143.jpg

上の写真は、我がAkabaneVisionFILM Webの中枢部であるAkabaneVisionFILM東京スタジオの管理人Y氏の仕事場であります。
ここから、動画や静止画のデーターを、ネット上に送り込んでいるわけですね。ちらかってますね〜。
この管理人Yのシステムのスペックは、個人所有としては、ちょっとしたもので、
メインのPCは、MacG5(250+160Gb)で、それに外付けのLACIEのHDDを160Gb X2台、320Gb X2台の
計4台も使用するという贅沢さです。LCDモニターは、三菱製19インチというラインナップで、映像編集ソフトの「ファイナルカットプロ」を使用し、作者こと、私が自分用のPC(下の写真Mac iBookG4)を使い、粗編集したビデオ映像の仕上げを行ったり、ネットに、上げたりします。写真右側にあるラックには、パナソニックDVDレコーダーDMR-E90とその下には、東芝のDVDレコーダーRD-XS36(DVDを8倍速で焼けるし、値段も手頃)があり、その下のTVソニーKV25DA6で、制作したビデオ映像をモニターしたり、普通にTV番組を観たりDVDソフトを観たりしています。
上記のメインのPC以外にサブのPCとして、Mac iBookG4(12インチLCD)が1台、
同じくMac PowerBookG4(17インチLCD)を1台使ってます。


下の写真は、私、作者の遊び場です。実にシンプルですね〜。爽やかですね〜。
b0065730_21281061.jpg

このMac iBookG4(12インチLCD)が私のメインシステムなんですね〜。
これに最初から内蔵されている映像編集ソフトの(iMovie)に撮ってきたビデオ映像を取り込んで音楽を挿入したり、キャプションを加えたりして編集遊びをして楽しんでます。そして、ノートパソコンのメリットを生かし、管理人Yの仕事場にデーターを持ち込み、ネットにムービーを上げてもらったりしています。
写真には、ありませんが、出来上がったビデオクリップ等は、19:6ワイド画面のモニターと、高音質高級オーデイオシステムで再生チェックします。
以前は、天井吊りの3管式プロジェクターでの80インチ大画面+7スピーカー+スーパーウーハーの
A/Vシステムで、映画のLD(レーザーデイスク)ソフトを視聴してましたが、高価な、プロジェクターは壊れ、パイオニアの最高級品LDプレイヤーも動かなくなり、LDソフトは、DVDメデイアに変わっちまうしで、1000タイトルもの映画LDソフトの在庫どうしよう?...。
私が、撮ったBMXの映像素材は、くさるほど、あるのですが、一度この、遊びにハマッてしまうと、寝るのを忘れる位、一生懸命に遊んでしまうので、最近は、自粛してます...。
そう、私は、映像のプロじゃなく、ただの、トウシローですから。
# by akabanevisionfilm | 2004-12-06 22:32 | Movie | Trackback | Comments(0)
とれいるな、お話  その1
この写真は、AKIRAが小6の時に乗っていたトレイル専用バイクの「マングース」。
クロモリ製フレームで、T0P長19.5インチの 完成車だったが、結局、最終的にフレームだけ使った...。
極太のフレームで、ハイテン鋼のFフオーク、ジャイロ、14mmアクスルシャフト、前後1.75のホイール、アメリカンBBで、クロモリ3ピースクランク装着していて、へたすると、大人のダートバイクより確実にクソ重かった。って、余裕こいて横向いてんじゃないよ...。                                
b0065730_9315432.jpg

12月に入り寒さも厳しくなってきました今日この頃、I LOVE BMXな皆さん、風邪などひいてませんでしょうか。

さて、今日は、寒さに負けず、BMXレースとトレイルライドにがんばっているお子様用のトレイル専用バイクについて、私の考えを述べたいと思います。
小学校高学年〜中学生ともなると、トレイルにおけるダートジャンプ行為も激しさを増し、より、大きなジャンプに挑戦した結果、はからずも、飛びが足らずゲッシたり、前から刺さったりする事も有るでしょう。
そんな行為もケガさえしなけりゃOKです。最初から、うまくいくはずもないですから。
コブは崩したら直せばいいのです。しかし、レース用の高価なホイールや、アルミやカーボンのフロントフォークを曲げ、あるいは、折ってしまったり、さらに運の悪いことにフレームにクラックが入った日には、スポンサーであられる、お父さん、お母さんの顔色が、みるみるうちに変わってしまうことでしょう。
そこで、トレイルには、専用のトレイルバイク、レースには、それ専用のレーサーバイクが、あれば、スポンサー様の顔色を気にせず、お子様は思いっきり楽しむことが出来るのじゃないでしょうか。
私が、トレイル用にお勧めするのは、クロモリ製のフレームです。サイズは、大きくともTOPチューブ長20インチ位のPROサイズフレームで、出来るだけ軽い物が良いと思います。これはお子様の体格にもよりますが、身長が一番伸びる頃なので、やや大きめのサイズの方が長い期間乗れるという事と、クロモリ製フレームの方がアルミ製フレームより、丈夫で、しなやかな性格の素材のため振動吸収性に優れているという事です。これは、お子様の身体に優しいということばかりではなく、衝撃をある程度フレーム自体が、吸収してくれるため、ホイールも歪みにくくなるはずです。
あと、PROサイズですと大人向けの設計ですから、エキスパートサイズのフレームより、衝撃安全マージンを大きく取っているので、丈夫で長持ちします。
フレーム以外のパーツは、好みに応じていろんな選択肢がありますが、ひとことで言えば、軽さはもちろん大事ですが、強度の高い物を選ぶという事です。
例えば、現在レースで、使用しているホイールセットのリムが、1/8サイズなら、3/8にサイズUPするとか...。また、お子様が、小6〜中学生なら、大人用の1.75のホイールセットでも構いません。
1.75のタイヤですと、3/8に比べ、タイヤ内の空気容量が増える為、衝撃吸収性と耐パンク性に優れ、リムも歪みにくくなります。それに、PROサイズのフレームは、1.75サイズのホイールセット装着を前提としているため、ブレーキアームの前後位置は、ピッタリと合います。これが、1/8や3/8ホイールセットだとブレーキアームにアダプターを付けたり(ブレーキの効きが必ず悪くなる。)
もしくは、USA ポール社のブレーキアームを購入しなければなりません。
(これがまた、ブレーキとは思えない位、値段が高い。)
ギヤ比は、レース用と同じか、ローギヤードにした方が、トレイルは、楽しめるはずです。レースコースのジャンプより助走距離が短い所が殆どですから。

  さあ、お子様ジャンパー達よ!!、
「トレイル専用バイクが、あれば、あの、でかいジャンプに挑戦して...、レースでも、今まで以上にがんばれるのにな〜」なんて、親に聞こえるように、独り言をささやいてみなさい...。 
  親に、ぶん殴られても、私しゃ知らんけど...。


下の写真のトレイルバイクは、AKIRAが、小6の3学期から、現在まで使用している、
USAスタンダード社の「125R」。
上の写真の「マングース」は、あまりにも、激重だったので、かわいそうに想い、軽量な(1.98Kg)フレームにした。パーツは、ほとんど「マングース」から移植。もっとも、本人は、「マングース」の重さは、気にならなかったというが...。
b0065730_11101685.jpg

AKIRAのトレイルバイクの主なスペックを参考までに記します。
フレーム  :スタンダード125R クロモリ(ツルーテンパー社製超軽量パイプ使用)
       サイズ  TOP長20インチ ヘッドアングル74.5度 重量1.98Kg
Fフオーク      :オデッセイ、レースフオーク(クロモリ)
ハンドルバー     : フィットバイクバー(クロモリ)
ステム        :スタンダード
ブレーキレバー&アーム: ケンクリーク ダイレクトカーブ、ブレーキ
ヘッドセット     : キング
BB           :プロファイルレーシング、ユウロコンバージョン
クランクアーム    :プロファイルレーシング、クロモリ3ピース170mm
チエーンリング    :プロファイルレーシング、ファイヤーボウル44t
ペダル        :ウェルゴ、マグネシュウム
Fリム        :サンリングル、BFR、1.75
Fスポーク      :黒アルマイト仕上げ14番
Fハブ        :オデッセイ、レースファクター36ホール
Fタイヤ       :プリモ、ダートモンスター1.75
Rリム        :アラヤ、スーパー7X 1.75(メッキ)
Rスポーク      :黒アルマイト仕上げ13番
Rハブ        :スズエ、36ホール
Rフリー       :ACS、16t
Rタイヤ       :ACS、RLエッジ1.75

なぜ?、スタンダード125Rを選んだのかは、また、次の機会にお話します。
# by akabanevisionfilm | 2004-12-03 13:21 | トレイル&パーク | Trackback | Comments(0)
とれいるな1日
FLトレイルキャニオンレーン:あまりの面白さに開いた口が塞がらないAKIRA
b0065730_22445479.jpg

先日、FLトレイルに初めてお邪魔しました。
このトレイルは、緩い傾斜の空き地にあるため、跳んでいくうちに自然とスピードが
出ていくのですが、それが、また程良い傾斜のため、ちびっ子から、MTBレーサー、
国内TOP BMXレーサーまでが楽しめるレイアウトになっています。
実際、当日集ったゲスト、ローカルの全員が日暮れまで、この遊びを貪っていました。
TOP BMXレーサーの黒田JUN氏などは、2日間連続のエントリーで、「気持ちいい〜」を連発していました。
まだ、発展途上のこのトレイル、レーンの数こそ少ないものの、現在着工している下りのセックションが、キャニオンレーンに繋がったら相当、面白くなるでしょう。ローカルの皆さん、人手が必要なら、遠慮無く言ってください。手伝いにいきますから。


ちびっ子ライダーのキャニオンレーンへのチャレンジは、熱かった。
なかでも、下の写真の深川匠(2004JBMXF7才アンダークラス全戦優勝)は、
なんと、7才で、ベーシックレーン速攻制覇に飽きたらずキャニオンレーンに挑戦。
            これに、びっくらこいたAKIRAは、開いた口が塞がらない。↓
b0065730_2314155.jpg

熱いチャレンジをする我が子に、叱咤激励するお父さん、お母さん達を見て、数年前の自分を思い出し、なんだか、懐かしい気分になりました。


*ドラクエVIIIに、はまっている管理人のYが、当サイトに何やら、いたずらを仕掛けたようです。
Otherページをお調べ下さい。
# by akabanevisionfilm | 2004-11-30 23:29 | トレイル&パーク | Trackback | Comments(0)
もう、こんな時期なんですね。
b0065730_8424556.jpg

写真は、うちの近所のケーキ屋さん

夜になると、年末のお約束イルミネーションが、輝いています。
道行く人は、まるで、誘蛾灯に誘われた虫のようにお店に吸い込まれて行きます。
なかなか、ケーキが美味しいと評判の、このお店、実は我が愛車用に借りている駐車場の、
まん前にあるので、甘いものがあまり好きでない作者も、つい、光に誘われて
お店に拉致されそうになるので困りものです。毎年この時期になると世間は、
「クリスマス商戦」で、賑やかになり、子供達はプレゼント欲しさにいきなり、
いい子に化けたりしますが、親にとっては、「苦しみマス」です。
だって、やっと年末の一大イベントが終わったと思う間もなく、今度は、お年玉ですよ...。


そこのお父さん、子供が寝ているスキに靴下にドラクエVIIIや、
GT4などのゲームソフトを入れるのは構いませんが、
それより、子供と一緒にトレイルやコースに行って思い出をたくさん作りませんか。
b0065730_943281.jpg

ヘブンズ:左より、西やん(藤沢ローカル)、Hさん(ヘブンズ、ローカル)、AKIRA
# by akabanevisionfilm | 2004-11-27 09:44 | 世間一般 トピックス | Trackback | Comments(0)
1枚の写真
2000年5月14日ヒラキカップ(緑山スタジオ)左から、田中あきと、MASA、AKIRA
b0065730_2047894.jpg

管理人Y:「こりゃまた、けっこう古い写真ですね。あっ君が、まだ小学生ですね。」
作者 : 「このアルバムの表紙に俺の汚ねえ字で、2000年5月って書いてある   
      から 4年半前だな。」
Y  :「というと、あっ君が、小5のときですね。若いなあ〜。」
作者:「今日は、AKIRAの話じゃなく、その真ん中に写っている子の話だよ。」
Y  :「だ、誰なんですか?。」
作者:「あっそうか、お前は、レース会場に来たことないから、顔を知らなかった
    のね。」
作者:「その子は、今年のBMX世界戦で、日本人初で、しかも、2部門のチャンピオ   
    ンになった子だよ。」
Y :「ああ、それなら、私にも分かる!、MASA君でしょ!。」
作者:「正解!!。」
作者:「この時、MASAは、小4のはずだ、このころの緑山のレースは、子供のクラ   
    スで、MASAとカイトが、常勝だったな。」
Y  :「それで、この写真は?。」
作者:「2000年5月に緑山でヒラキカップという大きなイベントレースがあって   
    な、それのBMX9~10才クラスで、MASAが優勝、田中君が2位、AKIRAが3  
    位になった時のものだよ。」
Y :「ほう...。」
作者:「レース展開は、確か、スタートで、カイトと、ユウト(権田君)が、飛び出   
    して、それを、当時から、抜群のスタートテクを持っていて、その時は、た    
    またま、不発だったのだろうMASAが追っている展開だった。」
Y  :「で、どうなりました?。」
作者:「俺も詳しい事は、良く覚えて無いけど確か、カイトと、ユウトが、絡んで、
    転倒したんだったと思う。それでMASAが1位。」
Y  :「なるほど、それで?。」
作者:「レース後の表彰式になぜか、俺のとなりにMASAがいて、一緒に表彰の順番   
    を待っていたんだよ。俺は、AKIRAを撮ろうと待っていたんだけどね。」
作者:「MASAは、俺に、[こういうふうに一緒に座っていると、僕たち親子みたいだ   
    ね]なんて、言ってたな。」
Y  :「ハ、ハ、ハ、かわいいですね。」
作者:「そんで、表彰式が、始まったら、MCの人が、優勝者に感想をインタビュウし   
    てるのよ。それを見たMASAが俺に、[なんて、言ったらいい?]って、聞い  
    てきたんだよ。」
Y  :「で、なんて答えたんです!!?。」
作者:「それは...、え〜と...、忘れた!!。」
Y  :「へ!!?。」
作者:「で、MASAは、インタビュウに、はにかみながら、こう、答えた。
    [前の人がコケたので、勝てました!!。]ってね」
Y  :「で、...?、それって、そのままじゃ、ないんですか?...。」
作者:「これだから、トウシローは、やだっちゅうんだよ!!。」
作者:「あのね、MASAは、自分の前を走っていたけど転んでしまったライダーに
    配慮しての発言なんだよ。」
Y  :「へ?、へ〜、小4で、そんな心配りが、あるなんて、なかなかの人格者です    
    ね。」
作者:「そう!!、小4の人格者!!。」
Y :(ふん!、作者のただの深読みなんじゃねえのか?...。)
作者:「いま、なんか、言った?。」
Y  :「いえ...。」


あれから、4年...。「MASAよ、ABAグランドのレースでも、英語でカッコ良く 優勝のインタビュウに応えておくれ。おじさんは遠くから応援しているからな!!。」

 
将来を担う少年達への指導も真剣なMASA 。 2004年夏、上越スタッツツアー BIKE LOOPの前にて。
b0065730_2245561.jpg

# by akabanevisionfilm | 2004-11-24 23:02 | タイムマシーン | Trackback | Comments(0)
今日は休日
b0065730_16224470.jpg

昨日、夜勤明けの睡眠不足状態ながら、無事、緑山から生還した作者は、
今日の昼まで、たっぷりと、寝過ごして、午後から、のんびりと、AKIRAの
町乗り用チャリである、「シュインの24」を、いじり始めました。
この「シュイン24」は、6年位前にAKIRAの町乗り用にと、完成車で購入したもので、
AKIRAのBMXレーサーと、作者の所有していたMTBの余ったパーツを、
組み込みながら改造を重ねてきました。
今日の改造メニューは、フロントのチエンーリングの交換です。
AKIRAが、少学生4年生の頃に設定していた、F36t/R18tのギヤ比じゃ、
いくらなんでも軽すぎだろうと、プロサイズ24レーサーの標準的な、
F44t/R18tに交換しました。
この町乗りスペシャルの大まかなスペックは、以下のとおり。

Fフオーク   : ロックショックスJUDY DH(75mmストローク)
ハンドルバー  : Flyエキスパート(アルミ製)
スピードメーター:キャットアイ、ワイヤーレス
クランク    :プロファイルレーシング,アルミアーム(172.5mm)
Fチエンーリング :AC 44t (ズボンの裾巻き込み防止のためタフガード付けた)
Rフリー    :ACS 18t
シートポスト  :GT (26.8mm)
サドル     :マングース

期末試験を終えて帰ってきたAKIRAが、早速インプレ開始。
時速50Km/hの超過速度マニュアル!!。(良い子は、絶対マネしましょう。)
b0065730_1629770.jpg

交通規則を守りましょう。 by 警視庁交通課1係一同
# by akabanevisionfilm | 2004-11-22 16:43 | BIKE制作、 整備 | Trackback | Comments(0)
暖かい1日でした。
b0065730_19281058.jpg

今日は、JOSF緑山定期戦でした。
朝から晴れていて、とても暖かく過ごしやすかったのですが、
コースコンデションは、一昨日からの雨でとてもスリッピーで、場所によっては、
タイヤが埋まるほどぬかるんでいましたので、転倒したライダーも多数いました。
今日のように乾いている部分と、ぬかるんでいる部分が混在しているコースコンデションでは、グチャグチャの田んぼ状態よりアベレージスピードが速く、
タイヤが滑り始めたら修正する間もなく一気に、転倒するパターンなので、
ケガをする確率も高いようです。
かと言って、転倒を恐れていたのでは、勝利の女神は微笑んでくれませんけど...。
今日のレースは、うちのAKIRAは、中学の期末試験中なので欠場しました。
私も、朝8時までの夜勤終了後、そのまま、徹夜でエリートクラスに参戦中の
我がチーム員、シブケン氏(BIKE LOOP .TROY LEE DESIGNS.SS.Racing)の応援に行きました。
結果は、決勝第1ヒートの転倒がひびき、決勝第2ヒートは3位と健闘しましたが
惜しくも、表彰台を逃しました。
今年の緑山でのレースも12月のファイナルレースを残すのみです。
我がS.S Racingのシブケン&AKIRAの二人共、悔いを残さないようにがんばってほしいものです。
# by akabanevisionfilm | 2004-11-21 20:32 | 2005BMXレース | Trackback | Comments(0)
SpecialMovie通りすがりの外人さん二人
b0065730_2354045.jpg

管理人Y:(めんどくさいので以下Y。)「SpecialMovieVol3を、netに上げときましたよ。」
作者:「ありがとさん。」「このマサの走りは何回観てもすごいよな〜、惚れぼれするよ。」
Y:「ところで、SpecialMovieVol1に出てきたあの二人は誰なんです?。」
作者:「あの、外人さん二人ってやつか?」
Y:「そう、それ、それ。」
作者:「あれは俺がこの夏に上越に旅行に行った時に、たまたま、通りかかった自転車屋さんの前の道で、ハデな体操着と、暑苦しそうなズボンを着用している子供達の集団がいてな、そこにあの二人が、なんか子供用のみたいな小さい車輪の自転車で、前タイヤを地面に着けずに、しかも、漕がずに前に進んでいるので、思わずビデオを廻したってわけさ。」
Y:「へ〜、ウィリーしてたんだ。」
作者:「いや、ペダルを漕いでないから、ウィリーとは違うらしいよ。」
Y:「じゃ、それ何て、曲乗りなんです?。」
作者:「近くにいた子にあれは何だと聞いたら、なんでも、ま、まにゅあるとか
言ってたような...。]
Y:「マニュアルですか?、じゃあ、教則とか、取説って事ですかね?。」
作者:「ま、そ、そうとも言う...、多分...、間違いない。」
Y:「で、お二人さんの名前は、聞きましたか?。」
作者:「当たり前でしょ!!。背の高い方が、ボブ。」
Y:「ボブ、サップですか?。」
作者:「......かな?。」
Y:「もう一人の方は?。」
作者:「え〜と、じょしゅ...?。」
Y:「女子十二楽坊?。」
作者:「そう!!それそれ、オーイェイ!!。」

なんて、バカな事を言ってますが、大阪のJBMXF BMX全日本選手権大会で魅せてくれたあの二人の速さ巧さは、常軌を逸してました。
BMXフレームのどこかに絶対エンジンが、付いてますよあれ!!。
だから、新潟県警のパトカーにマークされるのでしょう...。
# by akabanevisionfilm | 2004-11-19 00:18 | Movie | Trackback | Comments(0)
いよいよ始まる
b0065730_15543511.jpg

作者:「ハイ、これ、ブランクDVD-R5枚ね!。」
管理人Y:「え?何これ...。」
作者:「だからさ、例のやつ明日の晩から始まるんだよね...。」
管理人Y:「何だったっけ?...。」
作者:「あれだよ、アレ!。」
管理人Y:「えっ、もう、4作目、上がっちゃうの!!。」
作者:「ち、違うよバーカ!!。」
管理人Y:「へ?」
作者:「明日の晩から、テレビ朝日で、五夜連続ドラマ[弟]が始まるんだよ。」
管理人Y:「ああ、石原裕次郎のやつね。」
作者:「そう、それ、それ!!。でね、それを、DVDに留守録しといてくれる?。」
管理人Y:「いいけど、裕次郎のファンだったんだ...。」
作者:「いや、俺は、嫁役の仲間ゆき...が気になるんだな....。」
管理人Y:「....」

と、まあ、私が思うに、今現在、日本一の美人女優は仲間由紀恵さんだと思います。
私は、ドラマ「トリック」シリーズのDVDを観てから、ファンになりました。
「トリック」では、演出の堤氏が、彼女の魅力を最大限に発掘したし、彼女自身も
女優としてやっていく自信と演技の幅を身につけたことでしょう。
来年は、NTVで、「ごくせん」の新シリーズと、なんと、天下のNHKで、
大河ドラマの主役に抜擢されていますしね。これからも活躍に期待してます。

作者:「よし!AkabaneVision4は、仲間由紀恵の主演でいくぞ!!。」
作者:「79年生まれってことは、シブケンと同い年か...、美女と野獣だな...。」
管理人Y:「オイ!!。」
# by akabanevisionfilm | 2004-11-16 15:56 | 世間一般 トピックス | Trackback | Comments(0)
サイトオープン!!
b0065730_2264010.jpg

よく、いろんな人に、「AkabaneVisionのHPは作らないのですか?」と、
言われる度に「あんなメンドクサイものは俺はやらないよ」と、答えていたっけ。
しかし、数日前に、我がAkavbaneVisionFILM東京スタジオのスタッフY氏
(現Wed管理人)が、AkabaneVisionの動画を、netに晒してみたので、
観てくれとの内容のメールを作者に送りつけてきたのだった。
それを受けて、作者は、冗談半分で、「いいんじゃないこれでいっちゃう?」と、無責任にGOサインを出したのだった。それからのWeb担当者=管理人Y氏のジョブは、凄かった。
HPは、どんどん、それらしくなっていった。
もう、後には、ひけねえぞ、って感じになってきた。

作者:「今度のスペシャルムービーはこれでいこう。」
管理人:「OK.いっちゃいましょう!!。」

ヤバイぞ!!。どこまでいくんだ赤羽ビジヨン!!。

作者;「もうこうなったら、目標は世界制覇だ〜!!。」

     ギク!!、

作者;「こ、腰いて〜っ。」
# by akabanevisionfilm | 2004-11-15 22:19 | Movie | Trackback | Comments(1)