人気ブログランキング |

Exciting BMXRacing & Action Photography JAPAN    

 
Copyright ©2004-2019 AkabaneVisionFilmWeb All Rights Reserved. 
カテゴリ:2輪・4輪の話題( 63 )
遠征準備
寒〜い冬が終わり、桜が咲き、そして散る頃、今年もBMXレース地方遠征が始まります。

そこで問題です。下の写真はなんでしょう?。
b0065730_23111119.jpg


答えは...。つづく
by akabanevisionfilm | 2005-01-30 00:50 | 2輪・4輪の話題 | Trackback | Comments(0)
靴の履き替え
b0065730_1755241.jpg

愛車プレ号のホイールを替えてみました。ノーマルの16インチ純正スチールから
2インチUPの18インチアルミホイールに履き替えました。この時期にホイール&タイヤを履き替えるというと、冬用のスタッドレスタイヤを想像されるかもしれませんが、夏用のタイヤです。
スキーやスノボーなどのウインタースポーツに縁の無い我が家に、スタッドレスタイヤなど無用の長物です。
東京には、めったに無い積雪の時には、基本的に車に乗りませんから...。
b0065730_1894988.jpg
 
社外品のホイールに替える時は、自分の車に適合するサイズを選ぶのは当然ですが、
意外と知られていないのが、ハブリングの存在です。これは、社外品のホイールはセンター部の穴(センターキャップの着く部分)の内径が、いろんなメーカーの車のハブ外径に適合させるために、センター穴の内径寸法を大きく設定しています。このため、4〜5本のホイールナットで締め付けただけではホイール取り付け時の芯が出ないので、例えホイールバランスをキッチリ取ってあっても、
走行時に タイヤが微妙に上下動するような微振動がハンドルに伝わります
ハブリングとは、車軸のハブにかぶせるスペーサーのような物でして、ホイールのセンター穴と車軸のハブ部分の隙間を少なくしてホイール取り付け時の芯が出るようにした部品です。
私の車も社外品のホイールを装着した時にわざと、ハブリングを装着せずに(ただ、ハブリングを買うのを忘れただけか...。)2日間ほど運転しましたら、やはり純正ホイール時には無い微振動を60〜80Km/hからハンドルに感じました。
早速、某オー○バッ○スで、愛車に適合するハブリングを購入し、4輪共に取り付けて運転したところ、例の微振動がうそのように収まりました。このハブリングは、左右2個1セットで、実売価格1600円位ですが効果絶大です。
ただし、自動車メーカーの純正スチールホイールやオプションのアルミホイールは、
ハブ外径にセンター穴の内径を合わせている専用品なのでハブリングは必要ありません。




b0065730_18563279.jpg

by akabanevisionfilm | 2005-01-16 19:13 | 2輪・4輪の話題 | Trackback | Comments(0)
今年も、あと僅か...。
いよいよ、年末で世間が、せわしなくなってまいりました。
なにかと、交通渋滞や、事故が起きやすいのもこの時期の特徴です。
運転する皆さん、こういう時にこそ、焦らずゆったりと無事故運転に心がけましょう。
さて、今日は、世間では、クリスマスイブということでサンタさんが、コンビニのアルバイトをしてたり、ピザの配達をしたり、駐車場誘導員までやってたりします。
しかし、今日の話は、それとはなんの脈絡も無く我が家のトランスポーターの「プレサージュ号」の話です。去年の9月に購入して1年3か月2万Kmと、BMXレースの遠征につき合ってくれた愛車をいたわるために先日、行きつけのカーショップでAT/F(オートマチックトランスミッションフルード)を交換しました。
下の写真が、その作業現場です。
b0065730_21245993.jpg

年末だからでしょうか?担当メカニックさん達は、せわしなく、動いていました。
(あの〜、すいません、タイヤは替えなくてもいいですから...。)
今のプレサージュ号に替える前に7万Km乗った「ノア号」は、一度もAT/Fを替えなかったためか、
シフトショックとか、変速ムラの症状が、出てきました。やはり、AT/Fは定期的に替えた方が良さそうです。
我がプレサージュ号は今回初めてのAT/F交換でしたが、おもいきって、ショップで扱っているなかで
一番グレードの高いレーシグATフルードに交換しました。
さすがにレーシンググレードだけあって費用もそれなりにかかりましたが、交換後に運転してみて、それが、正解だとすぐ解りました。フルードの粘度が、高いためか、トルコンスリップが減ったような感じで、発進加速が良くなりました。もっとも、最近のAT車は、発進してすぐ、ロックアップするため、トルコンの滑りは、感じにくいのですが、あと、トルコンの役割は、クラッチ作用だけでなく、トルクを増大させるという、重要な役割があるのですが、こちらの方に作用しているのかもしれません。
ただし、このAT/F交換は、走行5万Km位を超えた車が初めて行うと、かえって不調をきたす場合があるので、注意が必要です。やはり、新車のうちから、定期的に行うのがよいでしょう。
以上、元自動車整備士(国家検定2級取得)の作者でした。

↓ショップでは、お姉様達が、やさしく応対してくれました。
b0065730_2227578.jpg

by akabanevisionfilm | 2004-12-24 22:26 | 2輪・4輪の話題 | Trackback | Comments(0)